TRANSBREWING
製品情報

製品情報

スタイル順

  • IPA 
  • Hazy IPA
  • W−IPA
  • Brut IPA
  • Session  IPA
  • PaleAle
  • Lager
  • IPL
  • WheatAle・Weizen
  • LightAle
  • FruitSaison
  • Fruit Ale
  • Amber Ale
  • Red ale
  • Smoke Ale
  • Smoke Wheat Ale
  • Brown Ale
  • Schwarz(シュバルツ)
  • California Common
  • Belgian Stout
  • Stout
  • Rye Sour Ale
  • Contemporary Gose
  • Chocolate Ale

IPA

The  First  Step  (IBU 60 /ABV 7%)#1

記念すべきTRANSBREWINGの1stバッチ。しっかりとしたホップの苦みとアルコール度数を持ちながら、飲むと爽快なホップの香りとグレープフルーツの香りが口の中を通り抜け、追ってフルーティーさを味わえるおすすめのビール。

(完売)

 

 

 

 

The  First  Step  (IBU 60 /ABV 7%)#43

2024年1月に醸造100回記念でファーストバッチの「The  First Step」を復活させました。

Twist and Shout  (IBU 60 / ABV 6%)#10

苦みの後に残る柑橘香を楽しんでいただける一杯。グレープフルーツとパイナップル使用でジューシーながら、キリッと苦いThe IPAです。

空気を含ませるとより香りが引き立ちます。

(完売)

Twist and Shout  (IBU 77 / ABV 6%)#22

昨年発売した初代Twist and Shoutのレシピを見直しさらに美味しく飲みやすく仕上げました。ホップの苦味とフルーティーでトロピカルな香りをお楽しみください。

(定番商品)

 

 

 

 

#イパ  (IBU 45 / ABV 6%)#21

飲みやすいIPAを作ろうと頑張って作って初めて購入した濾過(ろか)器を通して酵母を取り除きクリアに仕上げたら、ペールエールなのか?インディアンペールエール(IPA)なのか?と思う程とても飲みやすいIPAが出来ました。モルトの甘味、ホップの苦味、ホップの香りがバランス良く仕上がったIPAです。

(完売)

Hazy IPA

Hazy Hop Buzz  (IBU 60 / ABV 8%)#3

TRANSBREWING最初のHazyIPA。トロピカルフレーバーとしっかりしたボディがあり、飲めば飲む程に口の中でHOPがせわしなく複雑に絡み合います。

(完売)

 

 

 

 

 

Hop Tempest   (IBU ♾ / ABV 6.5%)#18

TRANSBREWING史上最強ホップ投入で香り苦みも最強です。2022年最初の2作品の1つ同じIPAでもこちらはHAZY IPAです。ガブガブ飲むタイプではないですがこの1杯を飲んでHOPの香りと苦みを楽しんでもらいたいです。口の中でHOPの嵐が巻き起こる事でしょう。

(完売)

W−IPA

Highway Star  (IBU 100 / ABV 8%)#41

TRANSBREWING初のWーIPA。

IBU100超える商品は過去に2つ(HOP  TENPEST/ジャーマンスープレックス)ありましたがIPAでは初めて。香り爆発なホップ感、それに負けないしっかりとしたボディ。ハイアル、ハイ苦でアナタも酔っ払いハイウェイの星に!

(完売)

Brut IPA

萌(MOE)  (IBU 40 / ABV 5.5%)#17

 2022年最初の2作品の1つどちらもじっくり時間をかけて製造いたしました。

この萌は透き通って泡が弾けてまるでシャンパンのような感じが特徴です。発酵で甘さを限りなく無くしてドライな味わいを出し、じっくり炭酸を溶け込ませているので弾ける泡の中から溢れるホップの香りを楽しんでください。

(完売)

 

Session IPA

Feel Free  (IBU 40 / ABV 4.5%)#26

IPAの香りや苦味を楽しみつつ、飲みやすく仕上げたセッションIPAというスタイル。

華やかな香りの後にしっかりホップの苦味。

「気軽に」という名前の通り、スッと飲めちゃう一杯です。

(完売)

 

 

 

PaleAle

Cho!PaleAle  (IBU 25 /  ABV 5%)#5

中途半端じゃつまらない、突き抜けた方が面白い!イギリスのパブに似合いそうなぺールエールを作りたいと考えて作ってみました。英国産モルトを使用してIBUに似合わずシャープな苦みとモルトの香りを引き出しました。

(完売)

 

 

 

 

若気の至り  (IBU 30 /  ABV 4%)#14

柑橘系やトロピカルフルーツ、その他様々なアロマ、フレーバーが混ざり合った香りが特徴の「モザイク」というホップをメインで使用。

札幌の高校生が取材に来た際に仕込んだもので、色々な可能性を秘めた若者の将来を、モザイク画の様な可能性の小片の組み合わせに掛けて、このホップを採用しました。

(完売)

 

Drag Star  (IBU 30 /  ABV 5%)#29

米国産モルトを中心に若干の甘みを残すようにレシピを設計。トロピカルとシトラス感、奥に樹脂のような香りが特徴のストラータホップを使用。飽きのこない飲み心地に仕上げました。

(完売)

British Pale Ale  (IBU 20 /  ABV 5%)#36

クラシックイングリッシュスタイルペールエール。

モルト感を存分に感じられる様に配合し、ホップのアロマはローレベルに抑えてあります。残糖感を残しボディーも表現しました。

ゆっくりグラスを傾けて味わっていただきたい一杯です。

(完売)

Hop Wave Pale Ale  (IBU 15 /  ABV 5%)#37

桃のような香りが特徴のホップ(ネクタロン)(HBC431)を主軸に使用したアメリカンペールエール。フルーティーなアロマを存分に楽しめる仕上がりです。

(定番商品)

LAGER

平岸LAGER  (IBU 20 /  ABV5%)#4

アルコール高めのクリアでドライなビールではなく昔子供の頃親父が飲んでた泡から苦いビールを想像しつつもフルーティーさを加えて飲みやすくなっています。

(完売)

 

 

 

 

 

平岸LAGER Typ.2(IBU 20 /  ABV4%)#9

平岸LAGERの2作目。前回の柑橘香るラガーとは変化をつけて、基本レシピ配合は同じままに今回はカラメルモルト使用し、液色に若干色味を出してます。カラメルモルト由来の麦の味わいも感じられる中、合わせたホップはイギリス産ホップで草木や花を思わせる香りが特徴です。

(完売)

平岸LAGER  (IBU 20 /  ABV4%)#16

ジャパングレートビアアワード2022
アメリカンラガーの部 銅賞受賞

平岸ラガー3作目。皆様に大変ご好評いただいてTRANSBREWINGの定番商品になっています。

定番といえどレシピの基本配合はそのままにモルトの割合や、使用するホップは毎回変化させています。

(定番商品)

IPL

ジャーマンスープレックス(IBU 100 /  ABV7.5%)#31

ドイツ産のホップをメインにたっぷりドライホッピング。苦味の奥に残糖感が残るようレシピ設計しました。

トランスブリューイング初の IPLはジャーマンスープレックスを決められたかのようなガツンとくる一杯になっています。

 

Wheat Ale・Weizen

月曜からウィート(IBU 13 /  ABV5%)#2

苦みが少なくフルーティーさが特徴のウィートですが、あえて定番で攻めず独自の方向に突き進んでみました。これからの暑い季節にオレンジピールやコリアンダーがサッパリとした飲みやすさと爽快感を味わえるビールです。

(完売)

 

 

 

 

Just Meat Wheat〜肉を愛する全ての人へ〜 (IBU 20 /  ABV5%)#15

肉料理に合うビールとして作ったウィートエール。

肉汁滴る熱々の肉を喰らい肉の旨さを味わった後「Just Meat Wheat」を飲んでください。小麦の甘味のような柔らかな口当たりから最後にコリアンダーやオレンジピールの爽やかさが口に広がり、肉汁をまとめ上げます。

肉の食べ過ぎにご注意ください。

もちろんそのまま飲むだけでも美味しいです!

(完売)

3Grid Wheat(IBU 10 /  ABV5.5%)#25

3種の小麦麦芽を配合し、全体のモルト総量の7割以上使用しました。

液色は白く濁りがあり柔らかな口当たりが特色です。

飲みやすい味わいですがなかなかのハイアルコール(それでも5.5%ですが)ですのでご注意を。

(完売)

 

 

Honey  Kawaii Ale(IBU 8.32(ハチミツ) /  ABV7%)#33

当工場のすぐ近くにある北海学園大学経営学部経営学科の学生たちと約半年かけて作り上げた若さあふれるビールです。ラベルのデザインも学生のデザイン。見た目可愛く飲みやすいけどついつい飲み過ぎるとしっかり酔ってしまうビールです。

(完売)

 

白蓮華(IBU 15 /  ABV5.5%)#38

小麦麦芽使用のウィートエールにフルーティーでトロピカルなホップをふんだんに使用。

飲み口はスッと、抜ける香りは華やかに仕上げました。

(完売)

Buono!(IBU 10 /  ABV5.5%)#45

Hefe Weizen(へーフェヴァイツェン)は無濾過の小麦麦芽50%以上使用したビール(※)という意味。

今回はTRANSBREWING製造履歴最大の小麦麦芽比率80%を使用して醸造しています。小麦特有のフルーティーさと飲み口の良さが際立っています。

※(TRANSBREWINGは発泡酒製造免許事業者です)

 LightAle

宵の気まぐれ (IBU 40 / ABV4%) #6

今宵はどんな一杯から始めようかと迷は誰にもあるもの。モザイク・シトラ・アマリロの3種のホップが織りなす心地よい香りを気の向くままにお楽しみください。爽快な飲み口で何杯でもイケちゃう罪なやつ。

(完売)

 

 

 

 

Fruit Saison

Endless  Summer  (IBU 4/ABV5%)#7

企画の段階から「夏休み」をテーマにコロナ禍で外出自粛を余儀なくされている方々に海外に行った気分になれるビールを作りたいと考えて制作してみました。シチリア産レモンを使用してスッキリとしたレモンの香りと酸味のバランスが良い感じに仕上がりました。食事にもとても合うビールです。

(完売)

 

あぽ〜  (IBU 8 /  ABV 5%)#32

青森県産のりんご果汁を使用したフルーツエール

爽やかなリンゴの香りとスッキリとしたほのかな酸味が特徴。

酵母は特徴が活きるセゾンを使用。

(完売)

 

Fruit Ale

TRANSぬーぼー(IBU 8/ABV 5.5%)#12

巨峰果汁をふんだんに使用したフルーツエール。

甘味は発酵により無く、巨峰の酸味と香りをお楽しみいただけます。お酒が苦手な方にもおすすめです。

一説には「ここ数年で最高の出来栄え」とかなんとか・・・。まぁ今年初めましてですけどね😁。

(完売)

 

 

 

TRANSぬーぼー(2022)(IBU 8/ABV 5.5%)#30

巨峰果汁をふんだんに使用したフルーツエール。甘みは発酵により無く巨峰の酸味と香りをお楽しみいただけます。お酒が苦手な方にもオススメです。

一説には「ここ数年で最高の出来栄えと言われた2021年を上回る出来」とか何とか言われています。

昨年から初めて2年目なんですけどね。m(_ _)m

(完売)

 

 

TRANSぬーぼー(2023)(IBU 8/ABV 5.5%)#45

2023年はブドウ果汁たっぷり使用するのは変わらないですが酵母を変えてよりブドウの果実感が感じられてワインの感じが出ています。

これこそ過去最大の出来の良さと自信を持って言える一品!

TRANS LEMON ALE(IBU 8/ABV 4%)#13

8月に発売した「Endless Summer」の第2弾

以前と同じくシチリア産レモン果汁を使ったフルーツエール。レモンの爽やかな香りとホップ由来のハチミツの様な香りが優しい飲み心地の一杯です。ビールが苦手だと言う方にもオススメです。

やっぱりライバルはレモンサワー

(定番商品)

VIVA LA 南国果実(IBU 0/ABV 3%)#27

ピンクグアバ、パッションフルーツ、ライチ、キウイのピューレや果汁をふんだんに使用したフルーツエール。フルーツを使用して発酵させているのでフルーツ独自の酸味が熱い夏にとても合います!ホップはフルーツの良さを引き出すためにトロピカル系の香り付け程度に使用する事でIBUは0!アルコールも低く3%に仕上げました。これはもうビアカクテル!是非飲んでみてください。

(完売)

Qui Oui(IBU 8 /  ABV 5%)#39

キウイ果汁使用とレモン果汁使用のスッパイエール。夏の乾いた喉を潤し、クエン酸チャージ!!

(完売)

ハスカップエール(IBU 8/ABV 3%)#46

北海道千歳市のハスカップを使用したハスカップエール。博多阪急百貨店「冬の北海道物産大会」限定醸造で発売しました。ハスカップの甘酸っぱさを感じてもらえるようアルコールを抑えております。

2023年11月1日博多阪急百貨店様限定先行発売。

(完売)

Amber Ale

姫紅葉(IBU16.5/ABV5%)#8

姫紅葉(himemomiji)

麦芽の風味と味わいを感じられ、ほのかな苦味の後に柔らかな甘味が口に広がります。温度の変化によって味わいも変わってくる為、深まってくる秋を感じながら、ゆっくりとグラスを傾け優雅なひと時を楽しんでいただきます

(完売)

Red Embrace(IBU15/ABV5.5%)#40

アンバーモルトを主体に複数のカラメルモルトの配合でモルトの甘さを存分に感じられる仕上がりになっております。日本名「赤い抱擁」どういう意味って思った方、TOPページの投稿に記載しておりますので見てください。

一般発売開始 2023年7月3日(月)

 

Red Ale

朱音 – akane –(IBU15/ABV4%)#20

モルトの風味を前面に出しつつアルコールは低めに設定。ホップ感は控えめに仕上げました。

暮れなずむ街の光と影の中、去りゆくあなたへ贈ったり、贈られたりしながら飲んでください。

(完売)

Smoke Ale

Smoke on the HAPPOSYU(IBU 10/ABV 5%)#23

インターナショナルビアカップ2022
スモークビールの部(ボトル/缶) 銀賞受賞


TRANSBREWING初のSmoke  Ale!

2種類のスモークモルトの香りを楽しんでもらう為にホップの香りと苦味を抑えています。

しかし物足りなさは感じさせない料理に合うしっかりとした味わいです。

(定番商品)(2024年春再販予定)

Smoke Wheat Ale

Smoke on the Wheat(IBU 10/ABV 5%)#42

スモークした小麦を使用。なめらかな口当たりとほのかに香るスモーク香がクセになる一杯。

Smoke on the HAPPOSYUの姉妹品

2023年8月販売開始

Brown Ale

チャリーブラウン(IBU 20/ABV 5.5%)#28

ジャパングレートビアアワーズ2023年 銅賞受賞

ブラウンモルトとカラメルモルトのブレンドによるカラーと甘いモルトの風味が特徴。さらにカラメルウィートを加え口当たりを柔らかく仕上げております。

「茶色のチャリ」って何??と思った方は当サイトのホーム画面にある投稿から見てください。(投稿をクリックするとサイトにジャンプします。)

(完売)(2024年2月頃再販予定)

Schwarz(シュバルツ)

黒麦浄瑠璃(こくばくじょうるり)(IBU16.5/ABV4%)#11

黒麦浄瑠璃

6種類のモルトを絶妙にブレンドし、まるでコク深いコーヒーの様な味わい。冷たいうちは焙煎麦芽の香りの後にほんのりハーバルなホップの香りがのり、温度が上がってくるとカラメルの香りが引き立ちます。

優雅な午後のひと時にピッタリな一杯。

(完売)

 

 

 

 

California Common

Golden  Steam(IBU10/ABV4%)#19

「NORTH ISLAND BEER」「澄川麦酒」「月と太陽Brewing」とで同じスタイルのビールをそれぞれ自由に作るという4社初の合同企画で当社が作成したビール。

California Commonというラガー酵母を高めの温度で発酵させるスタイルに初挑戦。今回は完成した時の色を名前の通り金色にする事、酵母の使い方、温度管理など製法も初めて採用してみました。完成したビールはクリアな金色でモルトの甘さもほのかに感じ何にでも合うバランスの良い仕上がりとなっております。

(完売)

 

Belgian Stout

B.D.N(IBU15/ABV5.5%)#24

TRANSBREWINGの黒シリーズ第2弾はスタウト

前回の黒「黒麦浄瑠璃」はラガー酵母を使ってコク深いコーヒーのような味わいで後味スッキリなタイプでしたが、今回はコク深いコーヒーのような味わいは変わらないですが後にモルトの甘みが感じられます。7月1日に先行して札幌大通公園でのイベントで1日1樽づつ開栓しましたが人気で即完売でした。

(完売)

 

 

Stout

TRANS ♦︎ BLACK(IBU15/ABV5.5%)#35

6種類のモルト配合でファーストに感じるロースト麦芽の味わいに奥行きを持たせました。

さらに2種類の酵母を使用し発酵させ、レーズンの様な黒系果実やフルーツ様エステルを表現。

飲む温度帯でガラリと表情を変える仕上がりです。

(完売)

麦道の九十 黒伏(IBU 10 / ABV 7%)#43

重厚なアメリカンスタウト。

冷たいうちはロースト麦芽の香ばしい香りが漂い温度が上がってくるとヘーゼルナッツの様な芳醇な香りをお楽しみいただけます。

「一体いつから濃色系を夏に飲まないと錯覚していた?」

2023年8月発売開始

Rye Sour Ale

La La La Rye(IBU10/ABV5.5%)#34

ライ麦麦芽を50%以上使用。

ライ麦由来の酸味とほのかなスパイシーさと若干のとろみが特徴です。

アプリコットの様な酸味をお楽しみください。

2023年1月31日リリース。

(完売)

 

 

Contemporary Gose

ライチの恋心(IBU 5/ABV 3.5%)#44

ライチ果汁と札幌産の紫蘇、そして塩を加え乳酸によるシャープで爽やかな酸味が特徴。

程よい塩味と酸味にライチの果汁がとてもよく合いライチの味を十分に感じられます。

2023年9月13日発売

 

 

 

Chocolate Ale

トランス・ラブポーション(IBU 10/ABV 7.5%)#47

昨年に続き北海学園大学 経営学部 経営学科の学生の皆様の企画で作られたチョコレートエール。

学生の皆様が札幌市内のクラフトビール取扱店でアンケートを取るなどこの企画に積極的に動いていただきました。ラベルデザインも学生達のデザインで可愛らしいラベルができました。今年もしっかりハイアルコールですが飲みやすいです。